• HOME
  • ブログ
  • イベント
  • 【イベント】4/28〜5/12まで光る絵本と光る満願寺展が開催。キングコング西野さんが全面バックアップ!

【イベント】4/28〜5/12まで光る絵本と光る満願寺展が開催。キングコング西野さんが全面バックアップ!

はい、こんにちは!

かわマガ@けいたろうです。



今日は満願寺のイベントの紹介です!

川西市にある満願寺で、428日(日)~512日(日)まで、「光る絵本と光る満願寺展」というイベントが開催されます!

光る絵本と光る満願寺展
開催場所:満願寺
住所:川西市満願寺町7-1
開催日:2019年4月28日(日)~5月12日(日)
開催時間:1部 12:00~17:00 (完全退出17:30)入場無料
2部 18:00~21:00 (完全退出21:30) 大人500円 小学生以下無料
問い合わせ先:080-8878-8900
万願寺HP

開催の背景

そもそもこのイベント、満願寺の住職さんから川西市出身のお笑い芸人・キングコングの西野さんに「お寺を盛り上げて欲しい」と依頼があったそう。

そこで西野さん、「じゃあ開催費用はウチ持ちでやります!」と宣言。

こうして西野亮廣さんが願寺を全面的にバックアップすることになったようです。

お笑い芸人よりも芸術家っぽい風貌になってきた西野氏

 

 

そ満願寺の場所はこちら。

川西市民でも行ったことのある人は案外少ないのでは?

かなり辺鄙なところにあります。

けいたろうは、営業の仕事をサボる時に・・・いや、疲れた身体を休めつつも新たな仕事の発想を得るためにこの辺によく散策に訪れたもんです。

 

さて、満願寺と満願寺の森全体を光らせるというこのイベント、予算は全て西野さんが負担。

当初予定の1500万円の予算を大幅に超えてしまいそう(2500万円!)なため、クラウドファンディングで更に予算を追加。

その様子は西野さんのアメブロにも書かれています。

「寺や森の持つ凛とした雰囲気を残しつつ、静かに静かに森を光らせるつもり」と語る西野さん。

満願寺や森がどんな風に光るのか?実に楽しみですが、読者の皆様、そもそも満願寺に行ったことありますか?

今日は、満願寺に行ったことがないという方や、光る満願寺展に行こうと思ってるけど万願寺ってどんなお寺?という方のために、この私けいたろうが満願寺を紹介しようというのだ!

交通の便

このお寺、基本的には車かバスで来ることをお勧めします

何しろ途中の坂道がすんごい急で、ずっと続きます。

間違っても「この距離なら歩いていけるぜ!」とか「自転車で行こう!」とか考えずに素直に文明の利器に頼りましょう。

公共交通機関を使う場合、阪急電車・雲雀丘花屋敷駅からバスで来ることになります。

その場合、駅からバスで15分ぐらい。

行きよりも、帰りの最終バスが22時7分なので、21時までの満願寺展のあと、のんびりしてるとバスに乗り遅れることもあるので要注意!

ま、帰りは下り阪なので、歩いても全然大丈夫だと思いますが、夜の部の後だと夜道が結構暗いので、やっぱり移動手段はあった方がいいかと思います。

 

車の場合はこの旗が見えたら右折。

5/5は金時まつりをやってます。

坂田金時のお墓があることでも有名です。

駐車場はこちら。

当日夜は、近くのゴルフ場の駐車場も開放されるようですが、必ずスタッフの指示に従ってください。

ロードバイクをかけるスタンドもありますが、夜に見にくることを考えるとあまり現実的ではないかと。

昼間の様子

さっそく中に入ってみましょう!

この正面の階段を上りましょう。

階段には既に一部照明が設置されています。

こちらも。

初めての方は、この満願寺MAPを予習をしておきましょう。

西野さんの絵本「チックタック」のワンシーンに出てくるのがこの門。

こちらのフライヤーにもばっちり掲載されていますね。

森の中を進みます。

ここにも照明の準備が。

更に進むと、絵を飾るイーゼルが置いてありました。

ここで西野さんの絵が展示されるんでしょうか?

通路の左側には桜の木が。

お茶屋さんがあります。

ここでくつろぐのも一興。

こちらは360°写真。

 

そのまま奥へ向かい、階段を上ります。

階段を上ったらこんな感じ。

 

360°写真。

鐘。お賽銭をいれてゴーン!と鳴らすと結構でかい音が出ます。

鐘のすぐそばに金時茶屋。

で、更に階段をあがると本堂へ↓

本堂の左側へ行くと、多田神社へと向かう道があります↓

本堂の右側へ進むと

売店があります。売店っていう言い方でいいのかな?

更に売店から奥に進むと、坂田金時の墓があります。こちらは案内の看板。

この道をまっすぐ歩きましょう。

坂田金時の墓がありました。

右の白い文字の普通っぽさがなんか微笑ましいです。

石に彫ってるとかじゃないんですね。

漫画の銀魂が全盛期の頃に満願寺とコラボしてたらめちゃくちゃ人気出たんじゃないかと夢想してしまいます。

そのすぐ裏手には里山を整備中。

ここまでで満願寺を大体一通り見たことになります。

この昼間の様子から、夜になると満願寺がどんな風に光るのか、楽しみですね!

 

【光る満願寺展 来年は開催なし!?】超絶綺麗!初日の様子を見てきた!!

 


【かわマガに読者登録機能ができました!】

川西マガジン読者登録
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール



【入場までの列で並んでいる方へ】

川西の地元情報満載のかわマガで暇つぶしをして下さい!

過去記事が300以上あるので、全て読むとあなたも川西の情報通!

関連記事一覧

  1. ニーナ

    万願寺ではなく満願寺です

    • 川西マガジン

      ありがとうございます。
      修正しておきました!