• HOME
  • ブログ
  • コラボ
  • 川西観光プリンセスとNHK朝ドラ「スカーレット」のロケ地になった黒川公民館に行ってきたよ

川西観光プリンセスとNHK朝ドラ「スカーレット」のロケ地になった黒川公民館に行ってきたよ

はい、こんにちは!

かわマガ@けいたろうです。



さて、昨日から川西市民の間で話題になっているこちらのツイート、皆さんご存知でしょうか?

NHKの朝ドラ「スカーレット」のロケ地に川西市が使われているんですね!

そのロケ地というのが、黒川公民館。

黒川公民館の地図はこちら。

今日はその話題の黒川公民館に、川西市が誇る観光プリンセスの佳奈さんと遊びに行ってきました!

黒川公民館の詳細はウィキペディアを参照ください。

川西市内最古の小学校[1]。また、川西市内及び兵庫県内最東端の小学校である。

1873年に黒川、国崎、横路の住民の運動によって、甘露寺の建物の一角を借りて開校した[2]。創立当時の児童数は16人、教職員は1人だった[2]東谷村では、東谷小学校しか他になかったため、生徒数は増加の一途を辿り、1904年には北校舎を改築した[2]

第二次世界大戦が始まると、大阪市神戸市などの都会からそう遠くない事もあって、疎開する児童が増加。1945年に初めて児童数が100人を超えたため、1947年に南校舎を増築[2]終戦直後が児童数のピークだった。しかし、場所が非常に不便だった事や川西市制開始による都市化の進行に伴い、過疎化が進行。加えて1968年一庫ダムの建設計画が持ち上がって、校区の一部が水没し、地区外へ移転する世帯が出ることが決定された[2]。そして1977年3月31日を以て休校となり、最後の児童19人[2]は東谷小学校に編入された。廃校閉校の措置を取らず休校にしたのは、「いつか子どもが増えたときは再開してほしい」という地元住民の意思を、川西市側が尊重した結果だった[2]

休校後は、黒川公民館として一般に開放。貴重な木造校舎で、使い込まれたイス教材[3]が残されている事もあって、観光地としての地位も確立している。 なお川西市は2016年現在も廃校としていない(外部リンク参照)。

貴重な木造校舎を歩きます。

ドラマの第1話では、この写真のすぐ左の中庭で撮影をしていました。12分57秒ぐらいの所です。

気になる方はNHKオンデマンドに登録すると見られますのでどうぞ。

校舎の中へ入ります。

中庭に腰掛けて1枚。

引き戸や奥に見える机がノスタルジックな気持ちにしてくれます。

古き良き日本の風景です。

バケツを持って立たされる生徒風にしたかったけど、バケツが見当たらなかったのでヤカンで代用したの図!

さらに教科書を頭に置いて立たされるの図!

お掃除の時間です!

廊下から外を眺めます。何が見えるんでしょう?

教室の中。

真面目に調べ物してる風。

先生風に。

自分で生徒役も!

先生、眠いです〜。

小学生なら一度はやったであろう、カーテンにくるまってみたり。

そして佳奈さんたっての願いでホウキで空飛ぶカット。めっちゃ飛んでる!

中庭でも空飛ぶホウキ!

とこんな感じの黒川公民館でした。

これからも朝ドラでは黒川公民館の様子が映るかもしれませんね!

ぜひドラマと一緒にかわにしさんぽ、かわにしマガジンもお楽しみくださいませ。

それではまた!

【TVや映画が好きでたまらない方はこちらがお得です♪】

更にマンガも読み放題になってます♪

今なら無料お試し期間あり!

 





川西マガジン読者登録
メールアドレス(必須)

 

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。