• グルメ
  • 川西市・猪名川町のグルメ情報を紹介!

日曜日の夜飲食店全部閉まってる中、唯一開いてた小川食堂に行ってカレーライス食べてきた。

グルメ情報です!

今回はいつものグルメとはちょーっと趣向を変えて、女性ウケしそうなお店とは対極にあるお店に行ってきましたよ!

とある日曜日の夜、友人と二人で晩ご飯にありつこうと川西能勢口駅西側をウロウロ。

パピーナやきやきダイニング、お休み。

久松、Rockもお休み。

台湾ラーメン雲照、お休み。

ここのチャーハンはマジで最高に美味しいので、営業再開したらぜひ行って欲しい!

源八もお休み。

六花もお休み。

焼き鳥能勢もお休み。

博多ラーメンADACHIもお休み。

ほんまに開いてるお店がない。

この通り、真真っ暗やしお腹も空いて泣けてきそう。

居酒屋の祭もお休み。

和風パスタとハンバーグのSHELLもお休み。

 

そんな中、この通りで唯一営業しているお店が。

暗闇に燦然と輝く光芒。

知る人ぞ知る、小川食堂。

初見でフラっと入れる人はかなりの強心臓かもね。

地図だとここです↓


入口のショーケースを見ると

カレーライス530円。

肉うどん450円。

鍋焼うどん550円。

ぜんざい450円。

全てが安い。

このショーケースで最も気になるポイントはここ。

天丼450円。

天丼…?

間違ってはいない、間違ってはいないけど!

エビ天1匹だけ乗った天丼とはいったい…うごごご…。

勇気を振り絞って店内へ。

ガラッと戸を開けて入った瞬間から、常連さんと思しきお客さんの「君ら場違いやで」という遠慮のない視線が痛い。

なんかすみません。

一人で来てたらこの視線に耐えられなかったかもしれん。

よう見たら何で冷蔵庫に生花が入ってるんやろ?

お店はBGMはなくてテレビが流れてます。

この感じ、昭和のラーメン屋とか定食屋に多かった雰囲気。

こっちは360°写真。

メニュー①

メニュー②

うどん、そばが250円って安いなあ。

かつての阪急そばを思い出させる価格。

店主のおいちゃんは愛想はないものの淡々と自分の仕事をやる感じ。

「何にしますか?」と聞かれたので

けいたろう「カレーライス」

友人「カレーうどん」

おいちゃん「2つやね」

このやりとりに微妙な不安を感じる。

しばし厨房の方を観察してると

明らかにカレーライス用と思われるお皿と福神漬けが2つずつ見えるやん笑。

「大丈夫やって、カレーうどん来るって!」と言ってたら

カレーライス2つ!!!

黙って二人でカレーを食べます…。

このカレーライス侮るなかれ。

これが結構美味しい。

ご飯はちょっと柔らかめなので好みは分かれるかもですが、バターの香り漂うボリューミーなカレーで、530円でこの量を提供できるお店はなかなかないのでは?

次回は気になりすぎる天丼を頼んでみようと心に誓い、お店を後にしたのでした。

勇気を出して入ってみると、お店は普通にご飯作ってくれるし、普通の食堂でした。

おいちゃんは高齢なのでお料理出てくるのはちょっとのんびり待ちましょう。

それではまた!

 

【2021年 川西市・猪名川町の開店・閉店情報まとめ】

広告のご依頼はコチラ!

「川西市・猪名川町最大の地域サイトに広告を出してみよう!」という方はこちらへどうぞ。

月間PV160000以上!

月間訪問者数30000人以上!

川西市・猪名川町の地域密着、唯一無二のネット集客なら、そらもうかわマガでっせ。

読者登録はこちら!

毎朝記事更新のお知らせが届きます!

川西マガジン読者登録
メールアドレス(必須)

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。