• 話題
  • 川西市・猪名川町のトピックス
  • HOME
  • ブログ
  • 話題
  • 【アンカー・ジャパン】川西市と「災害時における物資供給に関する協定書」を締結

【アンカー・ジャパン】川西市と「災害時における物資供給に関する協定書」を締結

はい、こんにちは!

かわマガ@けいたろうです。



川西市関連のニュースです。

以下、時事通信より引用します。

[アンカー・ジャパン株式会社]

アンカー・ジャパンは、兵庫県川西市と「災害時における物資供給に関する協定書」を締結。特別災害対策セット「防災POWER BAG」とポータブル電源「Anker PowerHouse」の提供を通じ、災害時における電源確保や携帯端末の充電をサポートして参ります。

米国・日本・欧州のEC市場において、スマートフォン・タブレット関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:井戸義経、以下アンカー・ジャパン)はこの度、兵庫県川西市と「災害時における物資供給に関する協定書」を締結したことをお知らせ致します。これにより、アンカー・ジャパンと地方自治体との協定締結は福岡市・川崎市に続き3例目、関西地方では初の事例となります。

川西市は2018年9月に甚大な被害をもたらした台風21号をきっかけに、市民の安全・安心を形にすべく、防災対策の強化を進めており、なかでも家族や友人との連絡手段であるスマートフォン等の充電に多くの不安の声が寄せられたことから今回の取り組みが実現致しました。

本取り組みにおいてアンカー・ジャパンは、モバイルバッテリーやソーラーチャージャー、ケーブル等をセットにした特別災害対策セット「防災POWER BAG」と、120600mAhの超大容量バッテリーを搭載し、AC電源 / USBポート / シガーソケットを備えるポータブル電源「Anker PowerHouse」を提供し、災害時における電源確保や携帯端末の充電等をサポートすると共に、有事の際には川西市に充電に係る物資を優先的に供給して参ります。

川西市長 越田謙治郎様のコメント:
「今回の協定が締結できたこと、誠に感謝申し上げます。川西市においても、昨年度の災害により多数の停電が発生しました。アンカー・ジャパン様と協力して、市民が安心して暮らせる社会を継続できるようにまちづくりを進めてまいります。」

アンカー・ジャパン株式会社 代表取締役 井戸義経のコメント:
「市民の皆様の声を大切に、防災対策の強化に積極的に取り組まれている川西市様とご一緒できることを嬉しく思っております。昨年の台風21号によってもたらされた被害は痛ましく、ニュースの中で多くの方がご家族や友人とスマートフォンで連絡を取る姿を何度も拝見し、ライフラインとしてのスマートフォンとその安心感を陰ながら支える充電の重要性を改めて実感致しました。本協定の締結が、川西市民の皆様が安心して毎日を過ごす一助となれば幸いです。」

Anker Group / Anker Japan | Ankerグループおよびアンカー・ジャパンについて
Ankerグループは「Empowering Smarter Lives」をスローガンに、モバイルライフ・パートナー ブランド「Anker」、オーディオブランド「Soundcore」、スマートホームブランド「Eufy」を日本で展開するハードウェアメーカーです。中核をなす「Anker」は、米Google出身の数名の若者達によって2011年に創設され、最新テクノロジーを採用しながら、納得の価格と安心のサービスで高品質のスマートデバイス周辺機器を提案し、米国や日本、英国・ドイツをはじめとした欧州各国など、世界のEC市場でベストセラーや売上1位を獲得しています。

【ブランドサイトについて】
Anker公式オンラインストア:https://www.ankerjapan.com

【アンカー・ジャパン株式会社について】
本社:  〒104-0033 東京都中央区新川2-22-1 いちご新川ビル3階
代表者: 代表取締役 井戸 義経
設立: 2013年1月
資本金: 1億6,000万円
TEL: 03-4455-7823(アンカー・ジャパン カスタマーサポート)
FAX: 03-6280-5881
事業内容: デジタル製品の開発・製造・販売(Ankerグループの日本法人)

【商標について】
- Anker、Soundcore、Eufy、PowerCore、PowerPortおよびPowerDriveは、アンカー・ジャパン株式会社またはその関連会社の商標または登録商標です。
- その他会社名、各製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ (2019/07/03-15:40)

引用ここまで。

災害時の電源というのは命に直結することもあるので、公共施設にこういうものがあるのは良いですね。

個人的に気になったのが、120600mAhの超大容量バッテリーを搭載し、AC電源 / USBポート / シガーソケットを備えるポータブル電源「Anker PowerHouse

アマゾンで49800円で販売中のこのアイテム、ちょっと高いけど、災害時に大活躍しそうで購買欲をそそりますね。

それではまた!



 

 



川西マガジン読者登録
姓   名 
メールアドレス(必須)


 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。